EDDIE基金

活動報告



今日は久し振りにジョイントのウレタンラバーが切れた方のレスキューを行いました。
オフショアの防波堤沖合でのトラブルだったのですが、近くで乗っていたが知らせてくれて直ぐにレスキューに向かう事が出来ました。
近くに乗っている方がいる場所で乗る事は大事ですね!

フォイルが付いた状態の牽引は初めてだったのですが、引っ張ると浮き上がってしまう事を学びました。
ま、当たり前なのですが。
ひっくり返してフォイルにロープを掛けて牽引したのですが、フォイルボードはテイルが四角く幅が広い為に抵抗が大きく、しかも速力を上げようとすると海中に潜って行こうとする。
結局、アイドリングに近い状態で岸まで牽引。
後ろのストラップの両側にロープを掛けた方が良かったかな・・・。
次回は、そうやってみます。
レスキューは経験が大事だなぁ~と改めて思いました。

格納庫から出艇の際に、付近に居た方に声を掛けて迅速に運ぶことが出来ました。
片付けを含め沢山の方に手伝って頂きありがとうございました。
皆さんの協力無しにレスキュー活動は成り立たないです。
今後もどうぞ宜しくお願い致します。

その後はトラブルもなく今日も無事に一日が終了でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。